トキナー
AT-X AF 28-80mm F2.8 PRO
(AT-X 280AF PRO)

カテゴリー: 標準ズーム

このレンズの特徴

(レビュアー: F.M)

トキナーの大口径標準ズームは、最初のモデルが1988年に発売されてマイナーチェンジを繰り返し賞味期限切れとでも言うべき状態だったAT-X AF 28-70mm F2.8が唯一の製品だったが、本製品の発売で完全にリニューアルされた。
機能面で28-70mm F2.8の一番の泣き所は最短撮影距離が70cmと長くクローズアップに弱い点だったが、本製品では50cmとようやく他のメーカーに追い付いた。
画質についても28-70mmより全体的に向上しているが、絞り解放時の描写の甘さは前モデルと同じ傾向だ。

操作性の点では、前モデルのフォーカスリングフリー機構からワンタッチフォーカスクラッチ機構に進歩した。
前モデルのフォーカスリングフリー機構ではフォーカスリングを操作することでAF時にピントリングが回転しないようには出来たが、加えてAF/MFスイッチの切替も必要であった。
それに対して、このAT-X AF 28-80mm F2.8 PROのワンタッチフォーカスクラッチ機構ではフォーカスリングの前後操作だけでAF/MFの切替もできるようになった。もちろんオートフォーカス時にフォーカスリングは回転しない。

現在ではテレ側が70mmを超える大口径標準ズームはレンズメーカー製ではタムロンのSP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (A09)があり、画質も良く小型軽量だ。
またタムロンにはSP AF 28-105mm F/2.8 LD Aspherical IF(176Dおよび276D)があるが、これよりはトキナー28-80mmの方が画質については全てにおいて上と言える。

対応マウント

キヤノンEFマウント  /  ニコンFマウント  /  ソニー・ミノルタαマウント  /  ペンタックスKマウント

楽天市場での在庫検索結果

キヤノンEFマウント用


ニコンFマウント用


ソニー・ミノルタαマウント用


ペンタックスKマウント用

主なスペック

フィルター径 φ77mm
最短撮影距離 50cm
最大撮影倍率 0.2倍
質量 約810g
寸法 全長120mm ×  直径φ84mm
絞り羽根枚数 9枚
フード 花形 バヨネット式
レンズ構成 11群 16枚
焦点距離 28-80mm
明るさ F2.8
発売年

備考

適合フード BH-775

ユーザーの感想

■評価平均
評価
■評価・感想を投票
評価・コメントどちらかだけでも投票できます
無し 悪い   良い
  1 2 3 4 5
解像力
解像以外の 画質
小ささ
軽さ
価格
コメント

今までの評価

<<前の10件 1   次の10件>>
(ゲストさん)  - 2017-07-26 21:34:50
評価
このレンズで、写りが甘いと評価されるのは、テレ側の最短距離の場合で、他の焦点距離では良く写ります。先代モデルのAT-X270AFPROも持っていますが、解像度をはじめとした諸性能は、明らかに改良されています。特に先代モデルと比較してヌケが良くなったのが印象に残ります。ただ、解像力の評価は、甘めの査定です。発売時の2000年の基準で評価しました。
(ゲストさん)  - 2015-10-25 06:32:04
評価
(ゲストさん)  - 2015-10-20 07:04:46
評価
(ゲストさん)  - 2013-11-27 17:11:52
評価
解像力は絞った場合です。
解放だとかなりソフトですよね。
解像ほしければF4か5.6まで絞った方が良いです。
当時は重いレンズだと思ってましたけど最近の純正ニッパチズームはみんな重い。
でも今はタムロン28-75みたいなレンズがあるので小ささも重さも値段も低評価にせざるを得ないです。
<<前の10件 1   次の10件>>